いずみの韓国語房 TOPIKに合格するための過去問学習法

中級をめざしているあなたに向けて韓国語能力試験 TOPIK2に合格するための過去問学習法を解説しています。

自己紹介

韓流 韓国語学習  

 

初めまして、管理人のいずみです。お越しいただきありがとうございます。

このブログでは韓国のサイトでみつけたエンタメ情報とTOPIK(韓国語能力試験)の勉強方法について書いています。

管理人については雑記ブログ「いずみの秘密基地」で書いています。よかったらこちらもチェックしてください。

韓国語に興味を持ったきっかけ

韓国語に出会ったのは2006年の秋。渋々参加したはずの韓国旅行で、気づけばメンバーの誰よりも韓国に馴染んでいました。

食事をして店から出る時に、お店のお爺さんが「アンニョヒカセヨ (お気をつけて)」と見送ってくれました。でも私は曖昧に笑って会釈をしただけ。

「アンニョンハセヨ」、「カムサハムニダ」しか覚えて行かなかったことを後悔しました。

「アンニョンハセヨ」とは違う、でも途中までは同じだった気がする。アンニョンにはバリエーションがあるのかな?

そんなところから、読めない、書けない、聞き取れない韓国語に興味を持ちました。

旅行のあとも韓国語を聞きたくてたまらず、NHKのハングル講座や韓流ドラマを手あたり次第に見始めました。

すぐに飽きるだろうし、韓流を楽しめれば十分と思っていたので本格的に勉強を始めたのは、かなり経ってからです。

今は韓国のサイトをチェックしたり、好きなドラマの台本や原作小説を読んだり、韓国語でダイレクトに韓流を楽しんでいます。

韓国語の学習ブログを始めたのは

ちょっと先に合格した学習者に過ぎない私がTOPIK対策について書こうと思ったのは、TOPIKに合った勉強をせずに「合格できない」と悩んでいる人を見てきたからです。

私は宅建を受けた時に過去問学習を知りました。試験を受けることにしたものの、かなりブランクがあって勉強の仕方が全くわかりませんでした。

教えられた通り余計なことはせず、ひたすら過去問を何度も繰り返し解きました。

そうすることで基本の必須問題はどんな形で出題されても正解できるようになりました。その経験をTOPIKにも応用して6級まで進みました。

勉強法も進化しています。学生時代に習ったスタイルにこだわらず、新しいやり方を取り入れるほうが効率アップします。

優秀な学習者さんの勉強法をそのままマネするのは難しくても、凡人の勉強法なら再現しやすいと思って自分の取り組みを公開しました。

私はいま家族の世話に追われて勉強する時間が思うように取れない状態ですが、自分は無理でも受験されるあなたを応援することはできます。

このブログがあなたのTOPIK合格につながることが私の喜びです。

韓国の受験歴

2013年10月 TOPIK4級 合格

2015年10月 TOPIK5級 合格

2016年10月 TOPIK6級 合格

TOPIKはこの3回のみ受験しました。 ハン検は受けたことがありません。

 

f:id:subiizumi:20200719100555p:plain
いずみ

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

よろしければ読者登録をお願いします