いずみの韓国語房 TOPIK中級合格をめざす過去問学習

中級をめざしているあなたに向けて韓国語能力試験 TOPIK2に合格するための過去問学習法を解説しています。

【韓国語の勉強】耳を鍛えるにはパダスギ(ディクテーション)




5月のTOPIKが中止になりましたね。試験に合わせて調整されていた方には残念ですが、空いた時間に過去問の音声でパダスギをやってみませんか?


スポンサーリンク



듣기音声でパダスギ

今日は過去問の音声を使って耳を鍛えるパダスギ(ディクテーション)をご紹介します。

準備するもの

・過去問の듣기音声
・듣기の音声台本
・ノート
・4色ポールペン


音声、台本はこちらからダウンロード出来ます↓
TOPIK資料室(韓国語能力試験の過去問など) - かじりたてのハングル

パダスギのやり方

①音声をスマホなどに取り込んで再生する。

②一文ごとに音声を止めて聞き取った内容を黒のポールペンでノートに書く。2回目以降に書き足せるように聞き取れなかったところは空けておく。

③もう一度音声を聞いて青のポールペンで1回目に聞き取れなかった所を書く。

④3回目は緑のポールペンで同じようにする。

⑤듣기音声の台本を見て答えあわせ。間違った所や聞き取れなかったを赤で記入する。

・きれいに書かなくてよい。

・ハングルで書くのがベスト。無理なら聞こえたままカタカナでメモして後からハングルに直してもOK。

・一文を一気に聞き取るのが難しければ短く区切ってもよい。

パダスギの効果

韓国語は連音や発音変化があり、目で見る文字と聞こえてくる音がかなり違う場合があります。

・なぜ聞き取れなかったのかをチェックすると自分の弱点が分かる。

・パダスギを繰り返す事でTOPIKの音声に慣れる。

注意点

パダスギは試験対策にも効果がありますが、時間が掛かります。7月に受験される方はパダスギより過去問を解いてください。

パダスギは試験前ではなく普段の勉強に取り入れると基礎力アップに役立ちます。一度試してみてください。

ご覧いただきありがとうございました。


にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村