いずみの韓国語房 TOPIKに合格するための過去問学習法

中級をめざしているあなたに向けて韓国語能力試験 TOPIK2に合格するための過去問学習法を解説しています。

はてなブログに再チャレンジした 「#この1年の変化」 【はてなブログ お題】

f:id:subiizumi:20200718215016p:plain
いずみ

こんにちは、いずみです。

いつもご覧いただきありがとうございます。

はてなブログに再チャレンジして1年になりました。

 

はてなブログ 韓国語 TOPIK

この1年の変化は?

最初の頃はみなさんの月次報告を見て(そういえば最近はあまり見かけませんね?)あまりの違いに凹んでばかりいました。そんな私でも1年前に比べたら少しは前に進んでいるようです。

Amazonアソシエイト、アドセンスに合格

自分には無理と思っていたAmazonアソシエイト、アドセンスに合格しました。これがダメだったら途中で投げ出していたかもしれません。

アドセンスはやっとPINコードをクリアしたところで当分は絵に描いた餅ですが、もしもアフィリエイトとAmazonアソシエイトは2月に初めて報酬を受け取りました。

と言っても本来ならば持ち越しになるところ、「もしも」は住信sbiネット銀行口座だと成果金1円から振り込みOK、Amazonは振込ではなくギフト券での受け取りです^^;

ほんのわずかでも定期預金の利息よりはマシで、何よりも自分の書いた記事から成果報酬を産み出せたことが嬉しくてモチベーションが上がりました。

とにかくチャレンジしてみた

一度目ははてなブログのことを全く知らずに使っていたので今回ははてなブログ Perfect GuideBookを参考にしながら再スタートしました。

無料ブログでもすんなりアドセンス審査に通ったのは解説本の通りに初期設定をしたのが良かったのかな?と思いました。

難しそうに見えることも、チャレンジしてみたら意外と何とかなりました。何でもやってみないと分かりません。

致命傷になるようなことでなければ一度やってから考えても遅くない。失敗してもブログのネタになるし、上手く行けば自分の可能性を広げられます。

1年経って思うこと

専門的なことは今もあやふやですが、再スタートした時は1年でここまで進めると考えていませんでした。私にしては上出来です。

分からないことを必死で調べるのは苦しいけれど面白い。年齢を言い訳にせず自分に何が出来るのか、もっといろいろ試してみたいです。

過去問学習法を伝えたい

大げさですが、子供の居ない私にとってブログは生きた証でもあります。自分が学んだことを誰かに受け継いで欲しくて書き残しています。

韓国語も初めは6級なんて絶対無理と思っていたけど、挑戦してみたら手が届きました。でもそこはゴールではなく、まだまだ勉強が必要なのだと思い知りました。

そんなレベルで偉そうに韓国語のことを語っていいのだろうか?という迷いは今もありますが、私が伝えたいのは語学の知識ではなく勉強の仕方です。

語学学校は知識を教えるのがメインで、課題はあっても勉強の仕方まで詳しくは指導してくれないと思います。

私は国家試験を受けたときに過去問学習法を知り、TOPIK(韓国語能力試験)にも応用して中級から上級までスムーズに合格して来ました。

その経験からTOPIKには対策が必要で、過去問をやらずに普段の勉強だけで合格するのは難しいと思いました。何度も試験に落ちている人は勉強の仕方を変えてみて欲しいです。

過去問学習は反復トレーニングで努力すれば結果が出ます。どれだけ繰り返せるかがポイントです。

昭和時代に学校で英語を習った時と同じやり方で、単語だけを何回も書いて覚えるだけではTOPIKの対策になりません。

最近は韓流記事が多くなっていますが、検索からTOPIK記事を見てくださる方が増えていて嬉しいです。

2年目は最初の頃に勢いで書いた記事を見直してリライトしていく予定です。

ちょっと先に合格した自分の経験が現役学習者さんのお役に立てばと思います。これからもよろしくお願いします。

締め切りは昨日だったようですが、お題「#この1年の変化」に便乗してみました。

 

f:id:subiizumi:20200719100555p:plain
いずみ

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村