いずみの韓国語房 TOPIKの過去問で中級合格をめざす方法

TOPIK中級に合格したいあなたに向けて過去問を使った試験対策をお伝えします

cine21 1282号の予告記事を訳しました。「徐福」パクボゴム、入隊前最後のインタビュー【韓国の記事】

こんにちは、いずみです。cine21のサイトに出ていた1282号の予告記事を訳してみました。インタビューの内容が少し出ています。バックナンバーを見られるようになるのは次号が発売されてからなので、まずはこちらをご覧になってくださいね。

[単独] 「徐福」パクボゴム,入隊前最後のインタビュー…『コン・ユ兄さんは』


パクボゴム コンユ 徐福


映画週刊誌シネ21 1282号の表紙を飾った主人公は<徐福>の俳優コン・ユ、パク・ボゴムだ。 今号の表紙撮影は今年7月パク・ボゴムが入隊する前に進められたが、そのために封切りを迎えた2人の俳優をインタビューの場で見られる唯一の機会になった。

 

永遠の命の秘密を持つクローン人間徐福(パク・ボゴム)と、余命宣告を受けたまま徐福を側で守る前要員キホン(コン・ユ)の話を描いた映画<徐福>は<建築学概論>のイ・ヨンジュ監督が演出を担当した作品。情報局から拒否することができない最後の提案、すなわち幹細胞複製と遺伝子操作を通して作られた実験体、徐福を安全に移す任務を遂行することになったキホンは、予期せぬ攻撃を受けることになる。そのように始まった徐福との思いがけない同行で二人はあらゆることに意見の衝突が起こる。人類の救いであり災いになり得る徐福を獲得するために、複数の勢力が激しく争う中でキホンと徐福が観客にどのような調和と感動を伝えてくれるか目に浮かぶ。 二人の力強いながらも優雅に見える共同作業はシネ21の表紙撮影現場でもその機運がそのままにじみ出た。

 

 今回のインタビューでは二人の俳優が<徐福>を選択するようになったきっかけや撮影現場での難しさ、作品全般に関する話を聞いてみた。 些細な個人史から<徐福>という作品がこの時代に投げかけるメッセージ、普段演技に臨む態度はもちろん、人生に対する方式に至るまで俳優の魅力を隅々までのぞき見るきっかけになるだろう。

 

パクボゴム コンユ 徐福


ドラマ<トッケビ>以後しばらく息を整えて<82年生キム・ジヨン>に続いて<徐福>まで、ゆっくりだが少し慎重に作品選択をしているコン・ユは<徐福>を選択するようになった理由について『「次の世代が生きていく世の中はどうだろうか」、「2050年の韓国にはどんな状況が展開されるだろうか」このような考えを最近たくさんしていたタイミングにこの作品に会った』と言う。 また、永遠の命の鍵を握ったクローン人間徐福を側で守る観察者で、観客を代表する案内者としての役割を演じたことに対して『観客をよくリードしなければならないキホンの役割が難しくて負担にもなったが、一方ではそのような点が気に入った』と答えた。
 

パクボゴム コンユ 徐福

 

<コーヒープリンス1号店>の長年のファンだったパク・ボゴムは『コン・ユ兄さんが動的な感情を全く違和感なく表現して場面を連結するのを見ながら隣でたくさん学んだ』と言い、相手俳優のコン・ユとの演技の息を回想した。 軍入隊までの時間があまり残っていない時点に行われた今回のインタビューでパク・ボゴムは人間でない別の存在「徐福」を演じるために"目つきや微細な震えだけで徐福の能力を演じるために他の作品の演技とは異なるアプローチをしなければならなかった』というビハインドも聞かせてくれた。

 

<82年生キム・ジヨン>の撮影現場が『私には天国だったなと思わせるほど<徐福>でたくさん転がった』と言い、今回の撮影現場に対する苦労を冗談混ぜて打ち明けたコンユとの対話、『人生について、私のそばにいる大切な人に対して再び考えることができればいい』と答え、観客を残して入隊したパク・ボゴムとの対話全文、そしてもっと多くの画像はCINE21 1282号で会える。(以下省略)

 

パクボゴム コンユ 徐福

元記事と画像の出所:(cine21)

 

スポンサーリンク

 

 

ラストの画像はコン・ユさんの表情が、昨日報道陣に公開されたものと少し違いますよね?ボゴムくんも口が少し開いてます。

cine21のサイトでバックナンバーを見られるようになるのは次号(12/1発売)が出てからになります。発売中の1282号は表紙だけ見られる状態です。12月までお待ちくださいね。

 

 

合わせて読みたい

 

f:id:subiizumi:20200719100555p:plain
いずみ

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク
 

応援していただけると嬉しいです
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村