いずみの韓国語房 TOPIK中級合格をめざす過去問学習

中級をめざしているあなたに向けて韓国語能力試験 TOPIK2に合格するための過去問学習法を解説しています。

【韓国語能力試験】TOPIKスピーキング試験の概要

こんにちは、いずみです。10月のTOPIKと同じ週に韓国ではTOPIKスピーキングの試行試験がありました。

2022年下半期の一般試験実施に向けて着々と準備が進められているようです。 

韓国のTOPIKサイトではスピーキング試験の概要や勉強方法が公開されていますが、日本のTOPIKを主管している韓国教育財団のほうにはまだ何も掲載がありません。

この記事ではTOPIK 한국어능력시험を参考にTOPIKスピーキング試験の情報をお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

 

TOPIKスピーキングは、こんな試験

試験の概要

・2022年下半期から定期試験を実施予定

・試験時間 30分間

・問題数 6問 / 200点満点

・準備時間(20~70秒)が与えられ、制限時間内(30~80秒)に答える。

問題ごとに準備時間と解答時間が決まっています。

等級体系

スピーキングも1~6級に分れています。

TOPIK スピーキング

出所:TOPIK한국어능력시험

等級のレベル

韓国語能力と発音、抑揚、スピードをチェックされます。
内容を知りたい方はリンクからサイトで確認お願いします。

 

TOPIKスピーキング

出所:TOPIK한국어능력시험

評価と勉強方法

1番から6番までの問題の評価や模範解答、勉強方法がそれぞれ掲載されています。

↓こちらを参照してください。

TOPIK 한국어능력시험

TOPIK 말하기 第1回の問題

STUDY TOPIKには第1回の問題が公開されています。

トップページの「TOPIK 말하기」をクリックしてください。

 

 

マイク機能があるパソコンからアクセスできます。

※スマホでPCバージョンに切り替えてもこのページは表示されません。

 

まとめ

TOPIKスピーキング試験について、わかったことをもう一度整理します。

 

TOPIKスピーキング概要

・2022年下半期から定期実施予定

・試験時間 30分間

・問題数 6問 / 200点満点

・準備時間(20~70秒)が与えられ、制限時間内(30~80秒)に答える

・等級は1~6級

・スピーキング試験は他の科目とは別に実施

韓国のTOPIKサイトにはスピーキング試験の情報が詳しく掲載されています。

既存の試験には組み込まず、スピーキングだけ別になるようです。

今後数回の試行試験を経て、国内外の一般試験は22年下半期から定期実施される予定です。

級別の要求レベルがどの程度になるのかはっきりしませんが、外国人にとってはハードルが高そうな印象を受けました。

定期実施までに変更される部分もあると思いますので更新していく予定です。

2023年下半期からはi-TOPIKが導入される予定です。既存科目もスタイルがかなり変わりそうです。

受験を考えている方はTOPIK 한국어능력시험の情報も要チェックです。

ネットで過去問が解けるSTUDY TOPIKもこちらのサイトから利用できます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。
参考になったらクリックお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログ 語学学習法へ

 
いずみ

 

スポンサーリンク