いずみの韓国語学習房 

韓国語能力試験 TOPIKに合格するための過去問学習法を解説しています。

ネットフリックスが韓国コンテンツに5500億ウォン投資を宣言【韓国の記事】

こんにちは、いずみです。値上げのニュースもなんのその、ネットフリックスの勢いは増すばかり。未加入の私は、ますます流行りについていけなくなりそうです。

 

ネットフリックス

画像の出所:http://program.tving.com/tvn/cloy/7/Contents/Html

 

スポンサーリンク

 

Netflix(ネットフリックス)の韓国コンテンツ人気、単純な流行ではない。

2016年以降、5年間に約7700億ウォンを投資、さらに今年一年だけで5500億ウォンを投資すると宣言した。 グローバルOTT企業であるネットフリックスに韓国と韓国コンテンツはどんな意味があってこのように積極的なのだろうか。 最近はドラマを作ることができるセット場2ヵ所を京畿道地域に直接長期賃貸契約もした。


25日午後、韓国記者たちと懇談会を持ったキム・ミニョン韓国-アジア太平洋地域総括は"アジア市場の牽引に韓国コンテンツの役割が大きい。 それが投資のきっかけだった"と話した。

"第4四半期の業績を見ると<スイートホーム>が公開後28日だけで2200万世帯が視聴した。 韓国コンテンツが一時的な流行や現象ではなく、グローバル大衆文化の1ジャンルとして定着しているのではないかと思う"と彼女は分析していた。

"韓国はインターネットの普及率が高く、韓国の人々は文化に対する投資を惜しまない。 業界体系もしっかりしているようだ。 作家養成プログラムもうまくいっていて、立派な監督、俳優たちも多い。 外国ドラマに比べて人間の感情を細かく描いて見せるという長所もある"

韓国が持つインフラを大いに認めながらキム総括は"何よりもネットフリックスは視聴者たちの楽しさが最優先"という原則を強調した。 楽しみを与えるコンテンツなら素材やジャンル不問、いったん受け入れるというのがネットフリックスの仕事のやり方だった。

<キングダム>シリーズをはじめ<人間レッスン><保健教師アンウニョン>など、様々なドラマ作業の数が増えているのには、韓国コンテンツだけの固有性を高く見た経営陣の判断があったという。

"グローバルを狙ったコンテンツだとおっしゃる方たちが多かったが、まずは韓国ファンたちが共感できる作品が重要だ。 韓国だけの固有性があってこそ、世界に出た時に共感を受けられる。 またネットフリックスは創作者たちが作業する時にもう少し良い記憶を与えようとしている。

何よりも創作の自由が重要だ。 素材、水準、表現方式、技術の自由などすべての面での自由だ。 だからと言って私たちが何もしないわけではない。 創作者たちに何をしたいか、テーマは何なのか聞いて傾聴する"

単純にコンテンツだけを契約するのではなく業体系とインフラ支援までも気を使っているとキム総括は指摘した。 日本地域にアニメーター育成プログラムを作成したこと、韓国でも映画専攻者たちのためのワークショップなどを企画したのもその延長線だった。

このように普通の公共機関においてする投資よりさらにもっと大きな規模の投資をしているが、一部では憂慮もある。 ウォッチャーやウェーブ、ティービングのような在来OTT企業との競争、さらにディズニープラス、HBOなどまた別のグローバルOTT企業が韓国に入る際、混戦の様相が起きかねないという見方だ。

"世界が共感する韓国コンテンツの開発に邁進"

"私もディズニーなどが韓国に進出した時どのようになるのか気になる。 確かなことは視聴者らの視聴パターンがとても変わったという事実だ。 多様な企業が韓国でサービスされるのは消費者のためには良いことのようだ。

多様なコンテンツが生じることで、共に成長する方向に行かなければならないと見ている。 私たちはもっと創作者たちにとって魅力的になるように努力すればよい。 パイを大きくする時であって、小さなパイを巡って争う時ではない。 ネットフリックスがしてきたとおりにすればいいのではないだろうか。 全世界が共感する韓国コンテンツの発掘に邁進する予定だ"

ネットフリックスが巨大資本を背にして国内コンテンツを独占するという見方にもキムミニョン総括は"明らかに私たちが貢献する部分があると思う"、

"韓国映画、韓国コンテンツに世界的な関心が続いているが、ネットフリックスでそのような作品がたくさん知られて創作者たちが好評を受けられるようにする役割を果たすことができる"と答えた。 そのために既成製作社、放送社ともいつでも協業することができるとキム総括は付け加えた。

国内網使用料未払い問題については言葉を惜しむ様子だった。 自分が関連専門家ではないことを強調しながらキム総括は"この数年間、世界のインターネットサービス事業者と協力してきた"、"今後も多様な事業者と協力法案を議論する"と答えた。

現在ネイバーやカカオなどの企業はSKブロードバンド、KT、LGユープラスなどに網使用料を支払っているが、海外企業はその対象から除外されている。

元記事と画像の出所:(OhmyNews)

 

日本でも関連記事が上がっています。

www.msn.com

 

今までの韓ドラは有料放送→BS→民放の順で、カットされていたりCMが入ったりオリジナルから遠のくものの、待っていればそのうち見られました。

けれど「愛の不時着」や「梨泰院クラス」のようにネットフリックスで独占配信されている人気ドラマは1年経ってもそのまま。ネットフリックスに加入しないことにはいつまで経っても見られそうにありません。

今回の巨額の投資で、韓流はますますこの流れが強まるのでしょうね💦昔は良かったのになあと思う今日このごろです。

「愛の不時着」のシナリオ完全版が発売されています。日本先行発売で、完全版のシナリオが読めるのは日本語版だけだそうです。

f:id:subiizumi:20200719100555p:plain
いずみ

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク
 
応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村