いずみの韓国語房 TOPIKに合格するための過去問学習法

中級をめざしているあなたに向けて韓国語能力試験 TOPIK2に合格するための過去問学習法を解説しています。

韓国ドラマ「ライブ~君こそが生きる理由~」 一生懸命に頑張っているすべての人に見て欲しいヒューマンドラマ。 感想 ネタバレあり【Amazonプライム】

こんにちは、いずみです。今までいくつも韓国ドラマにハマりましたが「ライブ~君こそが生きる理由~」は「ミセン未生」も超える、ど真ん中のストライクでした。ヒューマンドラマがお好きな方にはぜひ見ていただきたいです。

「ライブ」はイケメンの若手警察官よりもベテランの上官たちが素敵に見えてしまいます。切ない恋愛物も良いけれど、韓ドラの真骨頂はヒューマンドラマではと思います。

ライブ 韓国ドラマ

出所:http://program.tving.com/tvn/tvnlive/4/Contents/Html

 

 

スポンサーリンク

 

ライブ~君こそが生きる理由~

演出:キム・ギュテ「大丈夫、愛だ」「その冬、風が吹く」
脚本:ノ・ヒギョン「大丈夫、愛だ」「その冬、風が吹く」

2018年 tvN

ドラマの企画意図

 今まで作られた警察のドラマは事件を主にしたものばかりだ。

我が国の場合、
警察が独立的な捜査権を持つことが出来ないのが現実にもかかわらず、
まるで彼らが捜査を独立的に進めて解決する
大変な公権力であるかのように見せてきた。 

警察の偉大さを強調した見返りとして、国民に
警察に対する距離感と違和感を与えたのだ。

あんなにすごいのに、どうして世の中は未だこの有様なのか?
強い権力には目をつぶって、弱者には無慈悲な結果ではないか?
国民、市民と対立する立ち位置で彼ら、警察を見るようにしたのだ。

[Live]は生々しい取材を通じて、
警察が市民(国民)達に公権力として刻印されるよりは
大多数の警察が物語る、
制服を着た誠実な国民と市民、国民の苦情や治安を解決する(悩まされる)
感情労働者として記憶されることを望む願いを描こうとする。

私の父親、私の兄弟、私の息子が死線に立って、
過度な職務を遂行して、些細な正義を守り通す姿は
ヒューマンジャンルの楽しさと熱い感性を贈る、
新鮮であり深い感動のドラマになるだろう。

周囲から飛び出してきた生き生きしている身近な人物のような、
ファンタジーではない主人公を通して
平凡の価値を語るドラマ
ドラマの最優先価値は共感だ。


ドラマ[Live]の中の主人公たちは
日常の喜怒哀楽の中に生きる私と変わりない人物だ。
強がって、臆病で、生計のために卑屈になっても、
家族や市民、同僚のために自分の安危を捨てて
再び死線に立つ人達だ。


正義は大したものではなく、常識の線で守り切れる、
漠然とした理想ではなく、団体はもちろん個人にも譲歩できない
日常の大切な価値という談論が可能なドラマを作って、
今と未来の社会に対する希望を語りたい。


優れた指導者、権力者のひとりふたりがこの国を作ってきたのではなく、
現場で、自分の足で走る大多数の国民がこの国を守り作ってきたという
熱い事実をありのままに伝えたい。

元記事と画像の出所:(tvN)

※引用アンダーライン部分の補足
ドラマが作られた2018年当時、韓国では検察に捜査指揮権がありました。

韓国警察は今年から国家・自治・捜査警察に分離されました。検察の捜査指揮権が廃止となり、警察に第1次捜査の終結権が与えられ、警察庁の国家捜査本部が警察捜査を統括します。

参考記事 韓国警察 捜査総括組織の看板掛け=「すべて変える」(聯合ニュース) - Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

 

あらすじ

地方大学出身のハン・ジョンオは就職活動が思うように進まない。そんなある日、地下鉄の車内で警察官募集のポスターが目に入り、試験の点数だけで評価され女性でも昇進できる警察官を目指そうと決意する。

一方、サンスはインターンとして働いていた会社がマルチ商法で倒産してしまい、兄や母から集めた出資金をだまし取られる。職を失い途方に暮れるサンスは被害届を出しに行った警察で警察官募集のポスターを見て採用試験を受けることを決める。

猛勉強の末に難関の公務員試験に合格した二人。身分は警察官でも一人前になるためにはさらに過酷な現実が待ち受けていた。【2021.1いずみ】

 


「ライブ ~君こそが生きる理由~」2019.4.3発売!【予告編】

感想

ホンイル地区隊の警察官たちは難しい公務員試験に合格し、厳しい訓練を受けているけれど、新人はもちろん先輩たちもミスをする平凡な人間の集まりです。

そんなごく普通の、名もない警察官たちが二人一組で任務に当たり、有事には応援要請を出してチーム全員で連携しながら国民や地域の安全を守っているのでした。

一人が出来ることには限界があって、仲間は互いの足りないところを補うために存在する。ホンイル地区隊のメンバーが必死で助け合うシーンはチームプレイが苦手な私でも「仲間って良いな」と思うほど心に響きました。

自分の失敗を責められるのが怖くて何でも自分一人でやろうとする私は仲間の意味を分かっていませんでした。

部下を「うちの子たち」と呼んで慈しむ、韓国特有の温かさを感じられるシーンがライブにも登場します。使命感だけではとてもこなせない任務に耐えられるのは、共に苦労した同期や支えあう同僚、若手よりも熱い上官たちがいるからです。

辛い状況は変わらなくても自分を見ていてくれる人が居るだけで頑張れます。人間は一人では生きていけないことを改めて感じたドラマでした。

キャスト

ハン・ジョンオ

チョン・ユミ

未婚の母親に育てられたジョンオは地方の大学を出て就職活動を始めるが、志望していた企業には自分よりも成績が劣る男性が採用されたことを知る。

女というだけで不利な扱いを受けることに憤り、試験の点数だけで評価され、女性でも昇進ができる警察官を目指して猛勉強を始める。

ヨム・サンス

イ・グァンス

実態を知らずにインターンとしてサンスが働いていた会社はマルチ商法で倒産し、頼りにしていた兄は失恋の痛手からワーキングホリデーでオーストラリアへ行ってしまう。途方に暮れたサンスは警察官になって母親を支える道を選ぶ。

キ・ハンソル

ソン・ドンイル

口は悪いが情に厚いホンイル地区隊長。国内で一番忙しい地区隊が何とか機能しているのはハンソルが隊員たちに慕われるボスだから。仕事漬けの毎日で無理がたたり、ついに体を壊してしまう。 

オ・ヤンチョン

ペ・ソンウ

ジョンオとサンスの教官だったが、降格されてホンイル地区隊へ配属される。仕事に没頭して家庭を顧みなかったため妻のアン・ジョンミから離婚を切り出される。

アン・ジョンミ

ペ・ジョンオク

女性青少年課の有能な捜査チーム長として働いているが、仕事と家庭、老親の問題を一人で抱え疲弊してしまい、夫との離婚を考える。

ソン・ヘリ

イ・ジュヨン

ジョンオとサンスの同期。共にホンイル地区隊に配属される。 

イ・サンボ

イ・オル

定年前の警衛。最後の部下であるヘリの指導役。

ホンイル地区隊 組織図

韓国ドラマ ライブ 組織図

画像の出所 http://program.tving.com/tvn/tvnlive/6/Contents/Html

韓国公式サイト

program.tving.com

余談

チョン・ユミは2人いた!

私が先に知ったのは「トンイ」、「イニョプの道」に出ていた1984年生まれのチョン・ユミ(鄭柔美)さん。

何か顔が違う気がすると思ったら、このドラマに出ているチョン・ユミ(鄭裕美)さんは1983年生まれの別人でした。

漢字こそ違うけど、ハングル表記はどちらも정유미、年齢も1歳違い。これはややこしいですね。

「ライブ」のチョン・ユミさんは映画「1982年生まれ、キム・ジヨン」にも出演してます。

オ・ヤンチョン役のペ・ソンウ飲酒運転で摘発

「ライブ」では新人たちの教官であり上司だったペ・ソンウが2020年12月に飲酒運転で摘発されました。こんなに素晴らしいドラマで警察官の役を演じていながら何とも残念です。

俳優ペ・ソンウ、飲酒運転で摘発 「弁明の余地なし…自粛する」wowKora

 

こちらもおすすめ

subiizumi.hateblo.jp

f:id:subiizumi:20200719100555p:plain
いずみ

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク
 

 

応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村