いずみの韓国語学習房 

韓国語能力試験 TOPIKに合格するための過去問学習法を解説しています。

ヒョンビン、ファン・ジョンミン主演映画「交渉」アジア圏14カ国で先行販売【韓国映画】

こんにちは、いずみです。「愛の不時着」で第3次ブレーク中のヒョンビンさんの新作映画が日本を含むアジア圏14カ国で先行販売されるそうです。

 

スポンサーリンク

 

映画「交渉」日本先行販売 ビン様パワー!

もう一度、日本市場攻略に乗り出したヒョンビン
ドラマ'愛の不時着'人気の影響
製作会社"名声にみあった金額での販売"
新たなスクリーン韓流に点火期待感

 

ヒョンビン 交渉 韓国映画

 

トップスター、ヒョン・ビンが再び日本市場を攻略する。
昨年、主演ドラマ「愛の不時着」で日本の韓流を再点火したヒョンビンが今回は新しい映画で現地の観客に会う。

自分の名前の価値を如実に証明し、感染病の世界的な大流行の中で海外舞台を狙う韓国映画の新しい力としての役割もしっかり担っている

ヒョンビンがファン・ジョンミンとともに主演した映画「交渉」が最近、日本に先行販売された。 香港、シンガポール、マレーシア、ベトナム、タイなどアジア圏14カ国を対象にした配給版権先行販売の一環だ。

しかしヒョンビンにとって日本は格別な意味を抱かせる。 昨年2月ネットフリックスを通じて日本で公開した主演ドラマ「愛の不時着」が年間最も多く見られたコンテンツ1位に上がるなど大きな人気を集めたためだ。

香港、シンガポールなど他の地域でも「愛の不時着」はたくさん見られたコンテンツ1位をはじめ、一様に上位圏ににとどまった。

「交渉」の日本先行販売はこのような力に頼ったところが大きいとみられる。 「交渉」の製作会社であるWatermelon Picturesのシン・ボムス代表は3日、『ドラマ「愛の不時着」が日本をはじめ、アジア圏でとても熱い反響を起こした』、『今回の配給版権先行販売もやはりその延長線にあると見ても大きな間違いはない』と話した。

シン代表はさらに『正確な販売金額を明かすことはできないが、俳優の名声と映画の規模に見合う金額を受けた』と耳打ちした。

また、新種のコロナウィルス感染症(コロナ19)の世界的大流行の中で日本もまた映画館の観客が大きく減った状況で韓国映画が再び力を発揮するようになった点も注目される。

昨年「パラサイト半地下の家族」を除いてここ数年の間、韓国映画が大きく目につかなかったため、映画界は韓流スターのヒョンビンを前面に出した「交渉」を皮切りに新しいスクリーン韓流が点火することを期待している様子だ。

ヒョンビンの存在感は、限韓令規制の中で中国側の関心も導いてきたと伝えられた。 シン・ボムス代表は『映画とヒョンビンに対する中国バイヤーたちの好感がこもった視線があると知っている』と話した。 「愛の不時着」が現地で正式放送されなかったが、ドラマに対してアジア圏などに関心が現地にまで届いたという分析だ。

「交渉」はイム・スンレ監督がヒョンビン、ファン・ジョンミンと組んだ作品。 中東地域で拉致された韓国人人質を救出するために立ち上がった外交官と国情院要員のストーリーを描いた。 現在後半作業中で、今年開封する予定だ。

元記事と画像の出所:(sports東亜)

 

記事タイトルの「ビンサマパウォ!」何のこっちゃ?と思ったら、ペ・ヨンジュンの「ヨン様」に倣って、ヒョンビンのことを「ビン様」と名付けたようです。

日本のファンがヒョンビンをそんなふうに呼んでるのか知りませんが(きっと呼んでないと思う)、かつてのヨン様みたいに再び大ブームを巻き起こしてジャパンマネーをがっぽり稼いでもらいたいという願いがこもってるような感じがします。

タイトルを見たら日本だけみたいだけどアジア圏14カ国で先行販売でした。ドル箱は日本市場ってことでしょう。「愛の不時着」も日本では本国にないシナリオ集や写真集が発売され、韓国に逆輸入されています。今日はちょっと辛口にまとめてみました。

 

f:id:subiizumi:20200719100555p:plain
いずみ

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
 

 

応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村