いずみの韓国語学習房 

韓国語能力試験 TOPIKに合格するための過去問学習法を解説しています。

第41回 青龍映画賞 イ・ビョンホン、キム・ヒエ、無冠にもかかわらず名優の品格を輝かせる【韓国の記事】

こんにちは、いずみです。韓国も旧正月の連休が終わり青龍映画賞のビハインド情報が上がって来ました。

全員マスク着用で2mの距離を置いて座り、その間にはアクリル板を設置するという物々しさでしたが、それでもたくさんの俳優が出席して久しぶりの華やかな祭典になったようです。

 第41回授賞式の様子

スポンサーリンク

 

イ・ビョンホンからキム・ヒエまで、青龍無冠でも、より輝いた名優の品格

2021 青龍映画賞

 

イ・ビョンホン(51)からキム・ヒエ(54)まで、無冠の悔しさにも名優たちの品格は輝いた。 仲間の俳優や映画人に向けた熱い祝福と拍手は感動、また感動だった。

9日、仁川(インチョン)永宗島パラダイスシティで幕を下ろした第41回青龍映画賞では5人の候補の中で最も若いユ・アイン(35)が「音もなく」で主演男優賞を受賞した。

彼は満29歳で「王の運命」で初の青龍主演男優賞を受けた後、5年ぶりに再び受賞の喜びを享受した。

青龍に先立ち「南山の部長たち」で多数の授賞式で主演男優賞を受賞したイ・ビョンホンは「インサイダーズ / 内部者たち」に続き、再び青龍主演男優賞を受賞できるか関心が集まっており、可能性ももっとも高く見えた。しかし、ふたが開いた結果、トロフィーは後輩のものだった。

 

2021 青龍映画賞

 

後輩に賞を譲ることになったが、イ・ビョンホンの顔は満面の笑みだった。 イ・ビョンホンはユ・アインが舞台に上がる前に熱い抱擁を交わして受賞を心から祝った。

ユ・アインはそんなイ・ビョンホンの気持ちに応えるように、舞台に上がり一番先にイ・ビョンホンに言及、『一緒に映画「勝負」を撮影しているイ・ビョンホン先輩と舞台恐怖症について話したりもした』と口を開いた。

さらに彼はイ・ビョンホンだけではなく、共に候補に上がったすべての先輩たちに感謝の意を伝え、『多くの先輩方にたくさんのことを学び、皆さんが私のインスピレーションだった。 私が夢を育てられるように、長い間私の行く先を守ってくださった方たちだ』と強調した。

そんなユ・アインに向けて、イ・ビョンホンだけでなく、イ・ジョンジェ(49)、チョン・ウソン(48)、ファン・ジョンミン(51)も受賞の結果に関係なく熱い拍手喝采を送った。

授賞式を映画人たちの祭りとして正しく楽しむすべを知っているイ・ビョンホンのアティテュードは授賞式が終わった後にも輝いた。

イ・ビョンホンは授賞式の直後、自分のSNSに「涙を浮かべているのではない」という気のきいたコメントとともに自撮り写真をアップして、フォロワーたちはイ・ビョンホンに「度量が大きい」という反応をあふれさせた。

また、イ・ビョンホンは授賞式場でtvNドラマ「ミスター・サンシャイン」で共演した青龍映画賞のMCユ・ヨンソクと一緒に撮った写真をアップして「久しぶりにパ・ドゥン(「ミスター・サンシャイン」で誕生したニックネーム)。 チョ(ピョン・ヨハン)は先に行く」というSNSの書き込みをポスティング、ファンサービスまでやってのけた。

 

2021 青龍映画賞

 

「正直な候補」で主演女優賞を受賞したラ・ミラン(46)に熱い拍手を惜しまなかったキム・ヒエもやはり最高俳優の品格をそのまま見せてくれた。

キム・ヒエもイ・ビョンホンと同様に各種の授賞式で「ユニへ」で主演女優賞を受賞し、青龍の最も有力な受賞候補として浮上した。

実際に公開された青龍映画賞審査表を見ると、キム・ヒエはたった1票差で惜しくも主演女優賞を逃した。 しかし、キム・ヒエは惜しさの代わりに暖かく優雅な笑みと熱い拍手でラ・ミランの受賞を祝った。

キム・ヒエは監督賞受賞者として「ユニへ」のイム・デヒョン監督の名前が呼ばれると、席からさっと立ち上がって、イム監督よりもっと感激したような表情で拍手を送りもした。

イム監督が受賞の所感を述べている間ずっと暖かいまなざしと微笑をおくり、見る人にまで感動を与えた。

主演女優賞候補に上がった「82年生キム・ジヨン」のチョン・ユミ(38)、「ディーバ」のシン・ミナ(37)も残念な気持ちを抑えてラ・ミランの受賞を自分のことのように喜んで熱い友情を誇示した。

元記事と画像の出所:(sportschosun)

 

ビョンホンさんが授賞式直後にアップしたInstagramはこちら。初代韓流四天王のビョン様ももう50代なんですね。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

LeeByungHun 이병헌(@byunghun0712)がシェアした投稿

 

関係者も驚くほど多くの俳優が出席した今年の青龍映画賞授賞式。

例年通りではなくても映画人が集う祭典をみなさん心待ちにされていたようですね。

勝ち負けにこだわらず、みんなで受賞者を祝福する姿には青龍映画祭が無事に開催された喜びがあふれ出ているようでした。

キム・ヒエさんは「密会」でユ・アインさんと共演されているので主演男優賞発表の時も大きな拍手を送られていたと思います。

韓国は今日から映画館の感染防止規制が一段階ゆるんだそうです。ネットで手軽に見られるのもありがたけれど、スクリーンの魅力はやっぱり別物。今年も名作が誕生するのを楽しみにしています。

 【関連記事】

subiizumi.hateblo.jp

 

f:id:subiizumi:20200719100555p:plain
いずみ

最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク
 
応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村